GSLetterNeo

GSLetterNeo」 発行について

(株)SRAは1967年の創業以来、「最先端技術」を追求し、“技術のSRA”、“ソフトウェア工学のSRA” として、ソフトウェア開発における要素技術はもとより、技術力を最大限に活用するための開発手法、開発プロセスについても積極的に取り組んできました。

『GSLetter』は、これらの活動を外部に発信すべく、先端技術情報誌として1991年から2001年までの10年以上にわたり発行してきました。
2008年からは、皆様のビジネスにより一層役立つ情報を提供すべく、『GSLetterNeo』として毎月1回、発行しています。
また、内容については、実際のビジネスシーンにおいて活用していただけるよう、ビジネスの現場を熟知した弊社コンサルタントが執筆しています。
RSS
最新の記事
Vol.106 2000年代レトロスペクティブ(回顧) / 土屋正人 (2017年5月発行)
Vol.105 時間情報を有するデータのビジュアルのWebプログラミング(2) / 松原伸人 (2017年4月発行)
Vol.104 時間情報を有するデータのビジュアルのWebプログラミング(1) / 松原伸人 (2017年3月発行)
お薦めの記事
要求
Vol.43 プロダクトラインとは何か? / 林好一
Vol.28 派生開発プロセスXDDP / 土屋正人
Vol.7 2種類の質問で要件の優先順位をつける / 土屋正人
Vol.4 ユースケースモデリング / 土屋正人

設計
Vol.50 構造化手法のススメ / 土屋正人
Vol.46 オントロジの世界―ものごとの本質を追求する / 土屋 正人
Vol.27 モデル駆動型開発ツール / 野島勇
Vol.21 オブジェクト指向設計原則(1) / 土屋正人
Vol.6 オブジェクト指向とは何か? / 土屋正人

検証/テスト
Vol.56 形式手法コトハジメ -LTSA を使って- / 熊澤努
Vol.37 Webアプリケーションのセキュリティについて / 渡邉雄一
Vol.36 Webアプリケーションの脆弱性診断の実際 / 比嘉陽一

プロジェクト管理
Vol.41 VSE(ISO/IEC29110規格)のすすめ / 竹内元子
Vol.39 いま、あらためて考える構成管理 / 豆腐谷晶憲
Vol.38 初めてのチーム開発 / 土屋正人
Vol.30 RUP+Agileプロジェクト管理(1) / 野島勇
Vol.29 チームができるまで / 野島勇

ピープルウェア
Vol.59 KPT、うまくいっていますか? / 土屋正人
Vol.45 未来を創る / 野島勇
Vol.34 知恵を養う(1) / 野島勇
Vol.26 ブレイクスルーの起し方 / 野島勇
Vol.25 多様性と付き合う / 野島勇

研究開発
Vol.100 時間情報を持つテキストの年表化、インタラクティブ年表と年表マークアップ / 松原伸人
Vol.91 カタマリを見つけて辿れるヒストリデータブラウザ(1) / 松原伸人、土屋正人
Vol.79 ケモインフォマティクスへの貢献~化学反応経路マップ解析ツール RMapViewer / 小田朋宏 、土屋正人
Vol.73 タッチ操作中心のインタラクティビティの開発(1) / 松原伸人、土屋正人
バックナンバー記事
2017年
Vol.103 時間情報を持つテキストの年表化スクリプト(2) / 松原伸人
Vol.102 時間情報を持つテキストの年表化スクリプト(1) / 松原伸人


2016年
Vol.101 lambda式の遅延実行を利用したログ出力 / 佐々木和繁
Vol.100 時間情報を持つテキストの年表化、インタラクティブ年表と年表マークアップ / 松原伸人
Vol.99 チームビルディングと目標設定のためのワークショッププログラム / 土屋正人
Vol.98 分類することでビジネスを考えるワークショッププログラム / 土屋正人
Vol.97 テキストデータ群の重ね合わせによるヒストリと特徴のインタラクティブ表示(3) / 松原伸人、土屋正人
Vol.96 テキストデータ群の重ね合わせによるヒストリと特徴のインタラクティブ表示(2) / 松原伸人、土屋正人
Vol.95 テキストデータ群の重ね合わせによるヒストリと特徴のインタラクティブ表示(1) / 松原伸人、土屋正人
Vol.94 カタマリを見つけて辿れるヒストリデータブラウザ(4) / 松原伸人、土屋正人
Vol.93 カタマリを見つけて辿れるヒストリデータブラウザ(3) / 松原伸人、土屋正人
Vol.92 カタマリを見つけて辿れるヒストリデータブラウザ(2) / 松原伸人、土屋正人
Vol.91 カタマリを見つけて辿れるヒストリデータブラウザ(1) / 松原伸人、土屋正人
Vol.90 1990年代レトロスペクティブ(回顧) / 土屋正人


2015年
Vol.89 1980年代レトロスペクティブ(回顧) / 土屋正人
Vol.88 オンライン教育システムの技術規格 IMS-LD / 方 学芬 、土屋 正人
Vol.87 かみ合わない議論を解消するために―ユビキタス言語 / 土屋正人
Vol.86 インタラクティビティ体験アプリケーションを作る(3) / 松原伸人、土屋正人
Vol.85 インタラクティビティ体験アプリケーションを作る(2) / 松原伸人、土屋正人
Vol.84 インタラクティビティ体験アプリケーションを作る(1) / 松原伸人、土屋正人
Vol.83 プロセス、対話、価値 / 土屋正人
Vol.82 動詞に着目したモデリング手法(3) / 土屋正人
Vol.81 動詞に着目したモデリング手法(2) / 土屋正人
Vol.80 動詞に着目したモデリング手法(1) / 土屋正人
Vol.79+ 統合開発管理プラットフォーム「ProjDepot」(4)/ 方 学芬 、土屋 正人
Vol.79 ケモインフォマティクスへの貢献~化学反応経路マップ解析ツール RMapViewer / 小田朋宏 、土屋正人
Vol.78+ 統合開発管理プラットフォーム「ProjDepot」(3) / 方 学芬 、土屋 正人
Vol.78 創造的な仕事を取り戻すために(3) / 土屋正人


2014年
Vol.77+ 統合開発管理プラットフォーム「ProjDepot」(2) / 方 学芬 、土屋 正人
Vol.77 創造的な仕事を取り戻すために(2) / 土屋正人
Vol.76+ 統合開発管理プラットフォーム「ProjDepot」 / SRA先端技術研究所
Vol.76 創造的な仕事を取り戻すために(1) / 土屋正人
Vol.75 タッチ操作中心のインタラクティビティの開発(3) / 松原伸人、土屋正人
Vol.74 タッチ操作中心のインタラクティビティの開発(2) / 松原伸人、土屋正人
Vol.73 タッチ操作中心のインタラクティビティの開発(1) / 松原伸人、土屋正人
Vol.72 不安を緩和する―ロードマップとプロセスのみえる化(2) / 土屋正人
Vol.71 不安を緩和する―ロードマップとプロセスのみえる化(1) / 土屋正人
Vol.70 オブジェクト/クラスの識別は責務から-CRCカードのススメ(2) / 土屋正人
Vol.69 オブジェクト/クラスの識別は責務から-CRCカードのススメ(1) / 土屋正人
Vol.68 スタンドアップミーティング、うまくできていますか? / 土屋正人
Vol.67 レトロスペクティブ-チームで思いを共有してモチベーションを向上する-(4) / 土屋正人
Vol.66 レトロスペクティブ-チームで思いを共有してモチベーションを向上する-(3) / 土屋正人


2013年
Vol.65 レトロスペクティブ-チームで思いを共有してモチベーションを向上する-(2) / 土屋正人
Vol.64 レトロスペクティブ-チームで思いを共有してモチベーションを向上する-(1) / 土屋正人
Vol.63 オブジェクト指向モデリング(3) / 土屋正人
Vol.62 オブジェクト指向モデリング(2) / 土屋正人
Vol.61 オブジェクト指向モデリング(1) / 土屋正人
Vol.60 シーケンス図の階層化 / 土屋正人
Vol.59 KPT、うまくいっていますか? / 土屋正人
Vol.58 リバース・モデリングのススメ / 土屋正人
Vol.57 ユースケースモデリング(2) / 土屋正人
Vol.56 形式手法コトハジメ -LTSA を使って- / 熊澤努
Vol.55 UMLモデリングツール Tips(2) / 土屋正人
Vol.54 UMLモデリングツール Tips / 土屋正人


2012年
Vol.53 基準は何? / 野島勇
Vol.52 構造化手法のススメ(3) / 土屋正人
Vol.51 構造化手法のススメ(2) / 土屋正人
Vol.50 構造化手法のススメ / 土屋正人
Vol.49 プロジェクトの健康診断してみませんか?(2) / 土屋正人
Vol.48 プロジェクトの健康診断してみませんか? / 土屋正人
Vol.47 モデリング試行錯誤 / 土屋正人
Vol.46 オントロジの世界―ものごとの本質を追求する / 土屋 正人
Vol.45 未来を創る / 野島勇
Vol.44 ボトムアップアプローチのソフトウェア構成管理 プロセス改善 / 豆腐谷晶憲
Vol.43 プロダクトラインとは何か? / 林好一
Vol.42 競争に勝つためのツールの活用 / 渡邉雄一・宮城豊


2011年
Vol.41 VSE(ISO/IEC29110規格)のすすめ / 竹内元子
Vol.40 「組織」のツールの視点 / 渡邉雄一
Vol.39 いま、あらためて考える構成管理 / 豆腐谷晶憲
Vol.38 初めてのチーム開発 / 土屋正人
Vol.37 Webアプリケーションのセキュリティについて / 渡邉雄一
Vol.36 Webアプリケーションの脆弱性診断の実際 / 比嘉陽一
Vol.35 知恵を養う(2) / 野島勇
Vol.34 知恵を養う(1) / 野島勇
Vol.33 RUP+Agileプロジェクト管理(4) / 野島勇
Vol.32 RUP+Agileプロジェクト管理(3) / 野島勇
Vol.31 RUP+Agileプロジェクト管理(2) / 野島勇
Vol.30 RUP+Agileプロジェクト管理(1) / 野島勇


2010年
Vol.29 チームができるまで / 野島勇
Vol.28 派生開発プロセスXDDP / 土屋正人
Vol.27 モデル駆動型開発ツール / 野島勇
Vol.26 ブレイクスルーの起し方 / 野島勇
Vol.25 多様性と付き合う / 野島勇
Vol.24 オブジェクト指向設計原則(4) / 土屋正人
Vol.23 オブジェクト指向設計原則(3) / 土屋正人
Vol.22 オブジェクト指向設計原則(2) / 土屋正人
Vol.21 オブジェクト指向設計原則(1) / 土屋正人
Vol.20 楽しさを設計する(3) / 野島勇
Vol.19 楽しさを設計する(2) / 野島勇
Vol.18 楽しさを設計する(1) / 野島勇


2009年
Vol.17 なぜ改善活動が上手くいかないのか?(2) / 野島勇
Vol.16 なぜ改善活動が上手くいかないのか?(1) / 野島勇
Vol.15 あなたのプロジェクトはどのタイプ?(2) / 土屋正人
Vol.14 あなたのプロジェクトはどのタイプ?(1) / 土屋正人
Vol.13 ビジネスモデリング(3) / 蒔田一友
Vol.12 ビジネスモデリング(2) / 蒔田一友
Vol.11 ビジネスモデリング(1) / 蒔田一友
Vol.10 アジャイル開発における契約を考える / 土屋正人
Vol.9 ソフトウエア見積もりを考える(2) / 土屋正人
Vol.8 ソフトウエア見積もりを考える(1) / 土屋正人
Vol.7 2種類の質問で要件の優先順位をつける / 土屋正人
Vol.6 オブジェクト指向とは何か? / 土屋正人


2008年
Vol.5 ふりかえり / 野島勇
Vol.4 ユースケースモデリング / 土屋正人
Vol.3 アジャイルな計画 (3) / 野島勇
Vol.2 アジャイルな計画 (2) / 野島勇
Vol.1 アジャイルな計画 (1) / 野島勇
その他の記事
2012.03 第7回 プロセスを駆動する - メンタルモデル / 野島勇、土屋正人 @ ThinkIT
2012.01 第6回 プロセスを変える - ビジョン / 野島勇、土屋正人 @ ThinkIT
2011.12 第5回 判断するための情報を得る - 見える化 / 野島勇、土屋正人 @ ThinkIT
2011.11 第4回 プロセスの要(かなめ) - フィードバック / 野島勇、土屋正人 @ ThinkIT
2011.10 第3回 パターンに基づくプロセス設計 / 野島勇、土屋正人 @ ThinkIT
2011.10 第2回 いろいろなプロセス ~V字モデルとスクラム~ / 野島勇、土屋正人 @ ThinkIT
2011.08 第1回 プロセスを正しく理解していますか? / 野島勇、土屋正人 @ ThinkIT
2010.11 Rational Team Concertのある生活~チームの1日 / 渡邊雄一、宮城豊 @ ThinkIT
2010.11 Rational Team Concertのある生活~チーム・メンバーの1日 / 渡邊雄一、宮城豊 @ ThinkIT
2010.11 Rational Team Concertのある生活~チーム・リーダーの1日 / 渡邊雄一、宮城豊 @ ThinkIT
2010.10 2つのパネルディスカッション―Innovate2010レポート / 土屋正人 @ ThinkIT
[お問い合わせ先]

先端技術研究所
  Tel: 03-5979-2688
  E-mail: gsneo@sra.co.jp