本文へスキップします。

本文へ

【全Qt】

Qt

【全・Qt】SRAロゴ
H1

ニュース・イベント

タブV2

What’s New

2019.11.11

12/12(木) 開催 SRA テストソリューションセミナー
“Qt アプリケーション品質向上への最適解“

ソフトウェア開発においては永遠の課題ともいえる「品質」の底上げをする為に必要な、テストに対する考え方や、テスト戦略、効果的なツールの活用方法をご紹介いたします。誰しもが品質は重要と考えているものの、同時にコスト削減や納期の短縮も求められ、なかなか思う様にいかない現実とどう向き合い、いかに解決するか - 是非このセミナーにご参加頂き、お役立て下さい。

開催概要

日時 2019 年 12 月 12 日 (木)
13:30~18:00 (受付開始 13:00)
主催、協賛 主催:株式会社SRA
協賛:株式会社SHIFT、日本シノプシス合同会社、ハートランド・データ株式会社(※五十音順)
会場 トライアンフ ルーム A+B
東京都渋谷区東3丁目16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル 1F
アクセス:JR山手線、地下鉄日比谷線 「恵比寿駅」西口より徒歩5分
費用 無料 / 事前登録制  ※ 定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。

会場地図

Map
申し込みフォームはこちら

プログラム

13:30 ~ 13:35 ご挨拶
13:35 ~ 14:20 テスト計画に繋がる戦略立案の肝を導く「7つのモデル」

ソフトウェアテスト分野の変革を起こし急成長中の株式会社SHIFT。「すべてのソウトウェアに Made in Japan の品質を」SHIFTの技術や考え方を世に広める「ヒンシツ大学」で好評を博しているコンテンツ「テスト戦略」。テスト戦略とはプロジェクトオーナーがゴールを達成するために適切なテストアプローチをプロジェクトの上流段階から検討するテスト方法論です。当セッションでは、テスト戦略を考えるために必要となる「7つのモデル」を中心とした手法をご紹介します。

株式会社SHIFT 品質・技術統括部 能力開発部 ヒンシツ大学室
室長 伊藤 剛 氏
14:20 ~ 15:00 SRAの提供する「Qt開発向けテストソリューション」

Qt開発における最適なテスト方法をご存知ですか?2000年から19年間のQt取り扱い実績を有するSRAが、これまでの受託開発や開発支援でのノウハウを基に、Qt開発における品質向上・工数削減を実現する最適なテストソリューションをご提案します。ツールを用いた効率の良いテストの手法や、開発者の負担を軽減するCI化まで、Qtのプロフェッショナルベンダーの立場からご紹介します。

株式会社SRA 産業第1事業部 営業部 石田 敦士
15:00 ~ 15:10 休憩
15:10 ~ 15:55 ソフトウェア品質向上のための静的解析 ~バグのないソースコードのために~ 「Coverity」

ソフトウエア開発の品質向上とスケジュールの順守が強く求められている中、納期直前やリリース後に発覚するバグや脆弱性は手戻りが大きいだけでなく、ビジネスにも大きな影響を及ぼすことになります。 開発の早い段階での問題検出と対処を可能にし、スピード開発と品質向上の両立を支援するためのソリューション Coverity を紹介します。

日本シノプシス合同会社 ソフトウェア インテグリティ グループ
シニアセールスエンジニア 佐藤 大樹 氏
15:55 ~ 16:40 動的解析でソフトウェアの “リアルな” 動きを見える化 「DT10」

ソフトウェアの大規模化・複雑化が進む中で、どの処理にどれくらいの時間がかかっているのか把握できていますか?「処理時間にバラツキがある」「本当に設計通りの処理時間なのか」そんな課題をお持ちの方に、本パートでは、動的テストツールを使用した、パフォーマンス改善の手法をデモを交えてご紹介します。

ハートランド・データ株式会社 プロセスマネジメント事業部 営業課
東日本エリア担当マネージャー 鉢村 穣 氏
16:40 ~ 16:50 休憩
16:50 ~ 17:35 Qt専用の自動GUIテストツールでテストの手間を大幅削減 「Squish for Qt」

ユーザーテストや結合テストに多くの時間を使っていませんか? Qt開発のために作られた「Squish for Qt」を使うことで、自動テストを容易に構築し、リグレッションテスト等の手間を大幅に効率化する上に、テストケースの網羅性も高めることができます。本パートでは、テストスクリプトの作成方法含むデモもご覧いただきます。

株式会社SRA 産業第1事業部
17:35 ~ 18:00 ご相談会
申し込みフォームはこちら

NEWS・イベント一覧へ戻る