本文へスキップします。

本文へ

【全Qt】

Qt

【全・Qt】SRAロゴ
H1

LGPL

LGPL

Qtは、オープンソースであり、GNU Lesser General Public License (LGPL) でも提供されています。
LGPLに準拠したソフトウェアの開発では、無償かつ自由に使用することができます。
ただし、コピーレフト性の強いライセンスですので、利用される際には法的に問題がないかをご確認ください。

Qt LGPL版の留意点

  • Qt LGPL版を使用していることを明記する必要があります。
  • Qt LGPL版のソースコードの配布を求められた際に、配布を行う義務があります。
  • Qt LGPL版に手を加えた場合には、手を加えた部分のソースコードの公開が必要です。
  • Qt LGPL版をスタティックリンクした際には、独自開発部分のソースコードを配布するか、独自開発部分のオブジェクトを配布する必要があります。
  • Qt LGPL版を使用して作成したアプリケーションのライセンスに、リバースエンジニアリングを禁止する条項を入れてはなりません。
  • 同一プロジェクト内で、Qt商用版を使用する開発者がいる場合に、他の開発者がQt LGPL/GPL版のみを使用することはできません。
    Qtを使用して作成されたソースコードに共通部分がある場合に、同一プロジェクトとみなされます。
  • Qt LGPL 版で開発をした後に、Qt商用版に移ることはできません。
  • Qt 5.7以降は、Qt WebEngineの一部と Qt Serial Port を除いたLGPL v2.1が適用されているすべての既存モジュールが LGPL v3 に変更されています。
    また、Qt 5.7以降のQt Charts、Qt Data Visualization、Qt Virtual Keyboard、Qt Purchasing、Qt Quick 2D Rendererの各モジュールはGPL v3で提供されています。
  • Qt 4.5以降のバージョンでのみ LGPLでも使用でき、4.5より前のバージョンにはLGPLは適用されません。

LGPLサポート

Eメールにより、SRA専任のサポートチームが、質問件数の制限なく、日本語にて開発者の方の質問に対応します。
併せて、その他のSRAの提供するサービスを利用いただくとより効率的にご利用いただけます。

  Qt LGPL Desktop Support Qt LGPL Embedded Support
対象プラットフォーム Windows、Linux X11、macOS Embedded Linux
対象 Qt バージョン Qt 4 以前、Qt 5.0~5.8 5.10〜5.11 (左記全てサポート終了)、Qt 5.9 LTS (2020 年 5 月 31 日迄)、
Qt 5.12 LTS (2021 年 12 月 5 日迄)、Qt 5.13 (2020年)。
サポート終了バージョンについては別途旧バージョンサポートを提供していますのでお問い合わせください。
対象 Qt ユーザ 1サポート契約に付き1名、Qt開発者数分の契約が必要です。
質問件数 無制限
対応時間 受付時間は営業日の 10:00 から 17:00 で、
受付の翌営業日から4営業日以内に最初の回答をいたします。
  オプション
オンサイト 回数毎の費用
パッチ提供 提供毎の費用