本文へスキップします。

Testablishの特長

Testablishの特長

Webブラウザで利用可能

 TestablishはNode.jsで作成されており、Webブラウザで利用することが可能です。共用サーバーにインストールすれば複数人で利用することが可能です。これによりテスト作成者のPCはそれほど高スペックのマシンは必要ありません。

プログラミング未経験でも使用可能

 Webブラウザ上のGUIにより、テストシナリオを編集できます。
 テストシナリオを自動テストのプログラムとして出力するので、今までプログラミングが必要だったWebアプリケーションの自動テスト実行をプログラミング経験がない方でも実施することができます。

操作キャプチャ

 "キャプチャ"とはブラウザ上の操作を記録することです。記録した操作内容を呼び出して再生することにより自動テストを行います。
 この機能はいろいろなツールでサポートされておりますが、Testablishでは実行時の入力内容を変更してテストバリエーションを増やしたりしてテストケースを増やせるようにパラメータのパターンを外部ファイルから与える方法も提供しています。

画面遷移グラフの自動生成

 キャプチャしたデータから画面遷移図(フローグラフ)を作成します。
 キャプチャした操作でどの画面への遷移が行われたかがひと目で分かります。ページのスクリーンショットも記録されます。 

ページリポジトリ

 ページ内に配置されているオブジェクトを登録します。
 この情報をもとにテストを組み立てることができます。これによりアプリケーションが動いていなくてもテストを作成することができ、ソフトウェア結合の段階ですぐに自動テストが行えるようになります。

わかりやすいテスト編集画面

 GUIでテストの編集が行なえます。画面遷移を確認しながらどの画面でどの操作を行ってどのようなアサーションを実行するかをマウスの操作で編集できます。

テストプログラムからの外部連携

 テスト編集での処理ステップの一つに外部コマンドを呼び出す機能があり、DBを初期化するためのコマンドなどを登録しておくことにより、繰り返しテストを実行できます。
 また、Javascriptを呼び出すこともでき、ページ内のエレメントに介入して、画面上の操作では実行できないようなパラメータを送出するテストも実施することができます。

動画

Testablishの操作感を理解していただくために機能紹介の動画を作成しました。その一部を御覧ください。(音声は入っていません)

01_画面操作の記録と操作のリプレイ

02_操作ロググラフィカル表示

03_テストシナリオ編集

04_テストコード出力と実行

05_テスト仕様書出力

06_統計機能

【全:Tst】フッタリンク
  • 関西事業部〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-1-8 MPR本町ビル2F TEL 06-4704-2611
  • 中部事業部〒461-0001 名古屋市東区泉2-27-14 東海関電ビル8F TEL 052-936-0611
  • 本社代表〒171-8513 東京都豊島区南池袋2-32-8 TEL: 03-5979-2651
【全:Tst】copyright